ロルファーになるには

ロルファーの資格には3つあります。

認定ロルファー・認定ロルフムーブメントプラクティショナー・認定アドヴァンスロルファーです。
認定ロルファーは筋膜に働きかけるティッシュワークが出来る様になります。
認定ロルフムーブメントプラクティショナーは体の正しい動かし方を指導する事が出来る様になります。
この資格だけ取得する事は出来ません。認定ロルファーになった後に取れる資格になります。
認定アドヴァンスロルファーは、認定ロルファーになって3年間の 活動後、一定のクレジットを貯めて(指定の講座を受講する事)、5週間のトレーニングに参加・パスして所得出来る資格になります。

認定ロルファーになる為のトレーニングは3つのユニットに別れています。

UNIT1は解剖学・セラピューティックタッチなど、体に触れる為の基礎を習います。(218時間)
UNIT2は10セッション(レシピ)の理論・実技を学びます。(244時間)
UNIT3クライアントに10セッションを行い、その結果でパスする事が出来ます。(269時間)
それ以外に自身も10セッションとムーブメントを受けて体感する事も義務づけられています。
又unitの間の課題で、実際にクライアントにセッションする必要があります。
ロルフィングのトレーニングはアメリカ(ボルダー)、ブラジル(バラドサヒー)、
バリ(ウブド)、ヨーロッパ(チューリッヒ)等で行われています。
日本では3~4年に1度開催されています。ほとんどが10週間の通し講習になりますが、
アメリカ・ブラジルではモジュールという月に週末2回だけ出席して
数年かけて資格をとるタイプの講座も開かれています。
アロマプラスのロルファーは、認定ロルファーで認定ロルフムーブメントプラクティショナーでもあります。
ロルファーになった後もブラッシュアップの為にアドヴァンスロルファーの講師でもある、
Tessy Brungardt(テッシー・ブランガード)さんのスタディーグループに参加したり、
ロルフィングのトレーニングの聴講などをして、より良いロルフィングを皆様に出来る様に日々努力しております。
  ロルファーになるには、海外のトレーニング(アメリカ・ヨーロッパ・ブラジル・アジア)又は 日本で開催されるトレーニング(ロルフィング協会のHPをご覧下さい。いま現在は予定がありません。)に参加するか、どちらかになります。残念ながら、まだ日本人でトレーニングのインストラクターの資格を持つロルファーがいません。先生の評判など私で分かる範囲で宜しければ、メールでお答え致します。